ワークショップによる街づくり計画案づくり

田邊寛子業務実績(アプル総合計画時代担当物件)

世田谷大規模敷地の土地利用転換に関する基礎調査 [S区]2006

 区内に点在する大規模な公共用地の土地利用転換について、周辺住民発意の地区計画を定めることで、事前に環境を保全する事を目論んだ調査である。

 特に民有地敷地が用途変換され、大規模な集合住宅となり、建設時に周辺住民は反対運動等を起こした経緯がある某地域において、町内に存在する大規模な公共用地についても、周辺住民が開発にたいして危惧していた。

 そのため、地区計画の素案検討に当たっては、開発シュミレーションをおこない、区内の他地域の地区計画の勉強や視察を行い、目指すべき方針を話し合った。

話し合いの様子 話し合いの結果 街づくり方針 話し合いの結果 街づくり方針図

次のページは、実績紹介4

お問合せ