ワークショップによるハード整備計画案づくり

田邊寛子業務実績(アプル総合計画時代担当物件)

掘割川河口周辺まちづくりのための調査・検討業務 [I区]2004

 掘割川河口周辺については、工場の移転後市民の憩いの場の創造を目指してきた。公園予定地は磯子区では、海を見渡せ親水性のある貴重な場所である反面、周辺を工場地帯に囲まれ、住民がなく、磯子/根岸両駅からも距離があり、人を呼び込むのに不利な条件も兼ね備えていた。

  ワークショップによる基本計画作成というプロセスにより、参加者が公園に愛着を持ち、完成後の維持管理/運営への市民参加のきっかけ作りをめざした。

 また公園に関する意見のほか、道路や水際線の整備などをはじめとした、公園の周りのことに関する多くの意見が出されたため、「ワークショップ参加者意見のまとめ」としてまとめ、多くの意見を無駄にすることのないようにつとめた。

WSでの話し合いの様子 磯子・海の見える公園 基本計画 ワークショップ参加者意見のまとめ完成後の写真

次のページは、ワークショップによる街づくり計画案づくり

お問合せ